クラウドソーシングで良いクライアントを見抜くために必要なことは1つだけ

クラウドソーシングの問題点とは?

在宅副業が自宅でできる定番と言えば、クラウドソーシング。

そんなクラウドソーシングで人気の仕事が、誰でもできる文章作成(ライティング)です。

しかし、クラウドソーシングに登録してライティングを始めようとしたら、ある問題に直面するんです。

「さぁ、クラウドソーシングでライティングの仕事を開始しよう!」

そう思い、最初に仕事を見回すと「なめてんのか?」ってくらいに作業単価が安いんです。

例えば文章作成の仕事なら、1000文字書いて200円みたいな感じ。

副業先生
1000文字書く労力ってどれだけ大変なのか・・・。


こういう割に合わない仕事が多いと思って、クラウドソーシングを辞めてしまった犠牲者はどれだけいるのだろうか。

作業単価が安い仕事がずらりと並ぶと、仕事を選ぶことさえ億劫になります。

そもそも、そんな依頼を出しているクライアントも、一体どんなサイト作っているやら。

噓で塗り固めた口コミや感想を並べた、薄っぺらいサイトを量産するのはやめてほしい。

もはや、そんな仕事をやる価値はありません。

こんな依頼を山ほど見たら、クラウドソーシングの世界に絶望してしまいます。

「稼げるわけないだろ」ってな具合に。

だけど、みんなが作業単価を買い叩く人ばかりではありません。

そしてクラウドソーシングの仕事で成功するためには、良いクライアントの目に留まることが一番大切なことです。

 

副業先生
「じゃあ良いクライアントってどんな人?」その答えは1つ。

それは、ネット収入が高いクライアントなんです。

 

優秀なクライアントの見抜き方

収入が高いクライアントは文章の価値を理解しています。
ですから、わざわざ粗悪な文章を作成する人のために無駄銭を支払いません。
逆に価値のある文章への支払いは惜しみません。

適当な文章を大量にさばいてくれる人よりも、1つの仕事を全うしてくれるライターの方が、価値があります。

だから、良いクライアントは作業単価をイチイチ値切り交渉してくるような真似はしません。

万が一悪いライターに報酬を支払っても、二度と依頼をしないだけで仕事に文句をつけるようなことはしません。逆にこれからも書いてほしいライターには、要望をわかりやすく伝えてくれるんです。

実際に私もクラウドソーシングのライティングの仕事で報酬を得られたのは、良いクライアントと出会えたからでした。

そのクライアントさんは、月収にして60万円程度のネット収入がありました。
文章を書くことに報酬を支払うだけではなく、感謝の意を伝えてくれました。

副業先生
実際良いクライアントと出会えるかは運もあります。
だけど、努力して続けていれば良いクライアントと良いライターはいつか必ず出会うんです。