競馬で勝てない理由は「控除率」それを上回る予想法とは?

競馬で負ける人は多いが勝っている人がいるのも事実

競馬はオッズが数千倍になることもあり、馬券を購入することは夢があります。

もしも大穴が当たれば100円が10万円に増えるかもしれません。

そんな競馬の世界に夢を求めて、馬券を買い続ける人がいます。

こういった賭け事には必ずといって良い程、落とし穴があることを忘れてはいけません。

それは控除率です。

競馬の場合は投票総額の2割控除されて運営の利益となり、残りの8割を馬券の購入者へ還元するという方式をとっています。

2割の控除率なので、10000円を賭ければ平均8000円が手元に戻ってきます。

そして、差し引き2000円が競馬の利益となります。

この控除がなければ還元率が100%です。

あり得ませんが、競馬の控除率が100%なら賭ければ賭けるほど、限りなく収支は0に近づきます。

しかし2割の控除率により配当が少なくなるので、負けが膨らみ続けていきます。

事実、競馬をやっている人は負けている人の方が多いんです。

頭では負けると思っていても、競馬をやめることが出来ない人もいるでしょう。

競馬ファンなら勝てる方法を考えましょう!

実際に競馬で勝ち続けている人もいるのです。

合わせて読みたい記事

競馬で負ける最大の原因

なぜ競馬で負けるのか、最大の原因は「本当に強い馬勝つ可能性がある馬」を見極められないことにあります。

もちろん本命が強いことは競馬の鉄則ですが、実はあまり大差ない馬だけどオッズにかなりの差があることもあります。

本命にレース展開次第では勝てる馬がいることを見逃しているから、本命にばかり気を取られてしまい、良い馬券を買うことができないのです。

そこで馬の強さを自分なりに考える必要があります。

どうやって考えるかは人それぞれですが、その馬のデータを見て勝てるかどうか感覚で考える人が多いのです。

今日は本命狙いの気分だったとしましょう。

そのレースが最も固いレースだと踏んだあなたは、かなりの金額でその本命馬券を買いました。

しかし、最初のレースから本命馬券を外したら、あなたはどうしますか?

頭に血がのぼって今度は穴を狙い始めます。

しかし次は本命が勝ちます。そうやって気分で馬券を買っているうちは絶対に競馬で勝てることはありません。それだけは胸に刻んでおきましょう。

競馬予想の正しいやり方とは?

競馬で勝つ為には強い馬をデータ化して予想を立てる必要があります。

プロの予想師は馬の強さを計算して、オッズと確率を考えてレースを予想しています。

馬の強さの算出方法を編み出して、完全に競馬新聞とは違った視点で考えましょう。

競馬で勝ち続けることも不可能ではありません。

負ける人が多い競馬で勝つためには、ちゃんと馬の強さとオッズを考える必要があります。

それで回収率100%以上の結果を出してこそプロの予想師と言えるでしょう。

また、競馬に限らず公営競技の投票は、ネット投票をおすすめします。

データを分析しながら、冷静にレースを見極めることができます。

ただし、熱くなって資金の限り投票してしまうリスクもあるので注意が必要です。