アフィリエイトの始め方⑧「google adsence」でブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトをするなら「google adsence」が常識でしょ?

アフィリエイトって「商品紹介して売れたら報酬発生」が基本的な仕組みです。
だけど、やり方次第では商品紹介サイト以外にも広告収入を得ることができるんです。
それを使えば、自分の感じたことや日常的なこと、趣味について書いたブログでも、広告収入を得ることが可能なんです。

それはgoogle adsence(グーグルアドセンス)」という、googleが運営する広告サービスです。
なぜブログアフィリエイトに向いているのかというと、商品購入ではなく広告のクリックで報酬が発生するからです。

グーグルアドセンスの特徴

アドセンス広告を使うメリット

・クリック単価が高い。

・貼りつける広告を選ばなくても自動で貼りつけてくれる。

・貼りつける場所に適した広告サイズに自動で調整してくれる自由サイズが使える。

 

色々メリットがありますが最大の魅力はクリック単価です。
1クリックが数十円~と高単価なので、毎日数クリックされるだけでも、月にすればかなりの報酬となるでしょう。
これなら商品紹介の文章を書かなくても、ブログを更新することだけに専念してアフィリエイトに取り組むことができまあす。

ただし私が以前紹介したA8.netに比べると審査のハードルが高いです。
googleが運営しているだけあって、どんなブログにでも広告を貼らせてはくれません。

A8.netについてはこちら
アフィリエイトの始め方④ASPを選んで広告を貼る

それに一度審査を落ちると再審査が難しくなるなどのリスクがあるので、ある程度記事が充実してから登録申請をした方が無難でしょう。

アドセンスの審査に通るブログとは?

アドセンスは審査基準がASPに比べて厳しいのですが、無難に作成した文章のブログであれば適当な文章でなければ誰でも審査に通ります。
しっかりとした記事で10記事ほど書けば、グーグルアドセンスの審査は十分に受かると思われます。とはいえ記事数稼ぎは禁物で、文字数は1記事1000文字以上は欲しいところです。
これを目安にブログ記事の準備ができれば、アドセンスの審査を受ける準備は整います。
じゃあ10記事を書いたから放置で広告収入が発生するかというと、そんな甘い世界ではありません。
10記事程度のボリュームのブログではアクセスを集めること自体難しいので、アクセスを得るため、はたくさんの記事を書かなければ収益には結びつかないでしょう。
ですから、ある程度ブログの内容を充実させてからアドセンスへ申請しても遅くはありません。

「google adsence」へ登録申請をしてからしばらくすると、googleから自宅に申請完了のお知らせとして郵便物が送られてきます。
そこにアドセンスコードがあるため、ログインしてコードを入力すればアドセンス広告が利用できるようになります。これでブログに広告を貼る準備は完了です。

「google adsence」の広告を貼る際の注意点

「google adsence」は広告の規定が厳しいことで有名です。
ブログ内に広告を貼る数や位置、またはブログ記事の内容に少し注意が必要です。

1ページに貼ることができる広告の数はPCが4つ以内スマホは3つ以内でした。
しかし、今は過剰な広告でなければ数の制限はないので、以前よりも使いやすい広告へと変化しています。

さらにスマホ画面での注意ですがサイトの一番上にアドセンス広告を貼る場合(ブログタイトルの上部など)は300×250などの大きな広告は禁止されています。
これはサイトを開いたときにいきなり広告だけが見えているのがNGということみたいです。

ですからページ上部には320×100などの縦のサイズが短い広告を貼るようにしましょう。
(あまり自信がない人は自由サイズを貼れば、自動で適切な広告サイズで表示してくれます。)

また健全ではないサイトで、アドセンス広告を貼るとペナルティを受ける対象となる可能性がありますので注意が必要です。(アダルト、出会い、ギャンブルなどのジャンル)

また、書いている文章の内容にも注意が必要です。
アドセンス広告を貼っているブログでは、下ネタなんかもできるだけ控えた方がいいでしょう。
見てもらう人に不快な思いをさせる発言や、特定の誰かを誹謗中傷していないかなどに注意しながら文章を作成するようにして、ペナルティ対策をしながら記事を作成していきましょう。
良質な記事の基準は、子供が見ても問題ないサイトを意識するとわかりやすいかと思います。
「google adsence」に登録して利用を開始する際は、必ず利用規定を一読して健全なサイト運営に努めるようにしましょう。