スマホゲームやるくらいなら大学生はyoutube投稿すればいいのに

スマホゲームをポチポチやっている大学生を見ると、時間を無駄に使っているんだなと思っちゃいます。まじでスマホゲームは役に立つことはほとんどありません。
まじで時間の浪費でしょ・・・。正直私が社長ならスマホゲームやってる人は会社に採用したくありません(笑)
それは雑談ですが、今回は大学生のyoutube動画を投稿について書きます。
「私がyoutubeなんてムリっぽい」と思う方もいるかもしれませんが、案外再生回数を伸ばすのは難しいことではありません。

私もyoutubeへ動画を投稿していたのでわかるのですが、テストで試しに投稿してみたクオリティが低い動画でも、いつの間にか再生回数が伸びていることもあり、中には数万再生の視聴回数を獲得することもあるんです。
そんなyoutube動画を投稿していると「大学生のころ友達と動画撮ってたら楽しかっただろうな」と思っちゃうんですね。自分が大学生のころyoutubeを始めれば良かったと思うので、こういった記事を書くことにしました。

社会人はマジで動画作ってる暇なんてない

動画で広告収入を得たいなら、大学生の間にyoutube動画投稿を始めておいた方が良いです。社会人は大学生に比べて、自由にできる時間が少なくなります。それに、友達と交友の一環として気軽に始められます。
youtubeは動画再生回数に比例して広告収入が入ってくるので、就職してもチャンネルが残っていれば誰かに再生されるので、何もしなくても動画がお金を作り出してくれます。もちろん面白い動画を作らなければ再生回数は伸びません。面白いアイデアを出して、元気も時間もある時期はいつだろう?そう考えると、自分は間違いなく大学生の頃でした。
もちろん面白い動画を投稿するに越したことはありません。だけど、再生回数が伸びないとしても思い出として動画が残るんですから無駄にはなりません。社会に出てから中々時間がないため、友達も時間も多い大学生がスマホゲームばかりやっているのを見ていると、そんなに暇ならyoutubeやればいいのにって思います。

動画作成のチームを作ろう

一人でyoutube動画を作るためには、動画編集の知識が不可欠です。本気で収益化を目指すなら、パソコンに詳しい人がいなければなりません。パソコンで動画をうまく編集する技術があれば、何気ない動画でも視聴者が楽しめるように編集してくれるでしょう。

ちなみに動画を編集するよりも、もっと大事なことはどんな動画を撮るか考えることです。
それに最初はどんどん出ていたアイデアも、段々と行き詰ってしまいます。他に動画の内容についてアイデアやネタを考える人もいた方が良いし、動画でメインキャラになる個性的な人達も欲しいですよね。
そうやって友達と動画作成チームのパーティーを考えるだけでも楽しくなってきませんか?

youtuberってバカなことをやっているように見えますが、人を楽しませたり動画再生数を伸ばすために試行錯誤しています。だから一人でyoutubeで稼ぐって意外と難しいことなんですね。続かないし嫌なコメントがあると心が折れてしまいます。そこで友達と一緒に動画を作ればアンチのコメントだって気になりませんよね。
有名youtuberも大学時代に友達と自分たちのチャンネルを作って、働かなくても動画が再生されたら広告収入が入る、不労所得の仕組みを作っています。友達と一緒に動画を作ることで、アイデアも出やすい上に楽しく動画作成をしていくことができるのです。