意外と稼げる仕事「タクシーの運転手」の良いところ

タクシーの運転手で年収800万以上を稼ぐ秘訣

みなさんが「高収入・高所得」の仕事って聞くとどんな職業を思い浮かべますか?

医者やIT関係、弁護士や司法書士、不動産関係、もしくは一流企業だったりしますよね。

確かにそうですが、誰でもなれるものではありませんし、その職業に就くためのハードルが高いようにも思えます。

でも実は案外知られていない稼げる職業があります。

それがタクシーの運転手です。

タクシー

<タクシの運転手の良いところ>

仕事をする上で良いところも多いタクシーの運転手。

なぜ良いのか、それを4つのポイントでご紹介します。

 

1.高齢でも始められる

タクシーの運転手の平均年齢は50代です。ですから、かなり年齢層が高い人が多いのです。

だから若い人は稼げないんじゃないか?ってイメージがあるんだと思います。

でも本当は意外と高収入が見込める仕事なのです。

今の時代リストラや派遣切りなども多くて、今の仕事をずっと続けられる保証はありません。

もしも色々な事情があって40代や50代で仕事をを失ってしまったら‥。

高齢での再就職は非常に厳しいのです。

そういった方にも、再就職先にタクシーの運転手という選択肢を増やしていただくことをお勧めします。

 

2.特別なスキルはいらない

タクシーの運転手に必要なものは2種免許です。これはすぐに取得することができます。

それ以外に必要なものはなんでしょうか?

身についていきます。

おおまかに必要なスキルや知識はこの2つだけです。

これさえあれば、ずっとタクシーの運転手として働くことができます。

他の高所得の職業ではもっと色々な知識や技術が必要です。

 

3.不要な人間関係に悩む必要がない

会社でもなんでもそうですが、仕事は一人ではできないものがほとんどです。

集団行動が基本なので、ほとんどの仕事が誰かと連携する必要があります。

それに比べてタクシーの運転手はほとんど一人でいることが多いので、人間関係に気を遣い過ぎる必要がありません。

働いていてストレスを感じているのは、ほとんどが職場での人間関係にあります。

こういったストレスが少ないってことは働く上でも非常に大事なことではないでしょうか。

 

4.給与が歩合制で高い

タクシー会社の給与は歩合制であるとwころがほとんどです。

全て歩合ってところもあれば、固定給+歩合給ってところもあります。

ですから、仕事をすればするほど収入に直結するわけです。

実際に運転手の中には年収800万円以上稼いでいるような人もいるわけですから、コツさえつかめば徐々に収入が上がっていくことでしょう。

 

実際にタクシーの運転手が高収入を目指すためのコツはこちらの記事で紹介しています。

タクシーの運転手で年収800万以上を稼ぐ秘訣

ぜひ転職の選択肢のひとつに「タクシーの運転手」を加えてみて下さい。