暗号通貨クオンタ(Quanta)とビットコイン(bitcoin)の違い

暗号通貨クオンタ(Quanta)とは?

ビットコインなどの暗号通貨が前代未聞のブームを巻き起こしています。
ビットコインはここ数年で価値が数百倍に跳ね上がるというとんでもないことになっています。
もうすでにチャートの上昇気流に乗り遅れたからビットコインの購入を検討している人も多いことでしょう。
そこで次の注目すべき暗号通貨として「クオンタ(Quanta)」があります。
クオンタという暗号通貨は、ビットコインと同じような仮想通貨であり、宝くじとして利用されています。

暗号通貨が宝くじ?

暗号通貨クオンタとはブロックチェーン上で動作する人間が全く介入しない宝くじであり、同時に暗号通貨でもあります。この人間が介入しない仕組みは、ビットコインと似ています。
クオンタを開発をしたのは「ワンエイトアソシエーション株式会社」で、2016年末に公開されたまだ新しい暗号通貨です。
ところでクオンタについて「暗号通貨なのに宝くじ?」と疑問に思い、ピンとこない人も多いことでしょう。
宝くじとブロックチェーンを掛け合わせて全世界で購入可能な宝くじになる、というところがクオンタの最大の魅力です。クオンタはこれまでの宝くじの仕組みであるブロックチェーンを利用して、分散管理する事で世界中で共通の宝くじを築くことを目的としています。

クオンタ購入の宝くじ以外のメリットとは?

クオンタを購入すると、独自の通貨のQNTが発行されます。
QNTは暗号通貨として発行されるため、宝くじとして以外にも付加価値を得ることができます。
クオンタによる付加価値は現在わかっているだけで2つあります。

①QNTを所有することでクオンタの利益が分配される。

②一定以上所有すれば「宝くじ販売店」として活動する権利を得る。

特に②の宝くじの販売店になることができるってところも注目したいところです。クオンタの認知度が広がることを予見することができれば、一気に投資しておきたいところです。
今後クオンタが日本に広がればもちろんクオンタの価値が高まります。投機の判断を誤らないように、注意しておきたい暗号通貨です。
これら2つの権利はいずれも、人の手を一切介さないで確実に付与されます。この【人の手を介さない】というところが暗号通貨の魅力の一つで、不正が起こることがないという信頼できる仕組みを作っています。
日本での宝くじの控除率は50%を超えるため還元される期待値が非常に低いという事実は意外と知られていない為、クオンタの存在がメディアなどで広がれ購入者も増えることでしょう。

暗号通貨クオンタとビットコインとの違いは?

ビットコインは有名になりたくさんの人が保有しています。ですから、取引所も多くて利用できるサービスもたくさんあります。それに比べてクオンタはまだ知名度はそこまであるわけではないので、ビットコインに比べると利用する幅が狭いのです。
一番の違いは取引をできるところです。ビットコインであれば、購入できるお店も世界中で増えており、様々なモノやサービスとビットコインを交換することができます。
それに比べてクオンタは、基本的に宝くじとして利用する暗号通貨ですから、買い物をしたりすることはできません。しかし、クオンタには宝くじ以外にも持っているメリットがあるため投資のための暗号通貨だと言えます。

クオンタを購入して稼いだ日本人はすでにいるのか?

クオンタは2016年末に公開されたわけですが、クオンタを購入して稼ぐことができたという情報はインターネット上を探しても見つけることができていません。それは開始からまだ1年ということもあり、利用者と抽選回数が少ないためそういった情報をまだ拾い上げることができません。

日本語のサイトではなく、英語などのサイトではすでに大金を得ている人の存在を知ることができるかもしれません。仮想通貨ブームの日本でも今後クオンタの認知度が広がり、ビットコインのように今後クオンタで大儲けをした話をテレビで目にする機会もあるかもしれません。

暗号通貨クオンタはこれから注目される新しい暗号通貨ですから、まだ今後に期待したいと思います。
クオンタが多くの人達に購入(投資)されて使われる様になるのはこれからということで、今は様子見するのが賢明だろうと考えています。
ただし、あまりに加熱するビットコインのブームにより、ビットコインだけに一点集中して投資するよりも、リスク分散の意味でクオンタを購入することは検討しています。