借金を抱えて最高の親不孝をしたときの謝罪文[FXで大失敗・追記]

失敗はだれにでもあること。ですが私の失敗は決して許されるようなことではありませんでした。家族からは勘当されて嫁とは離婚かもしれないという修羅場がありました。

罪悪感や無力感で疲弊した私は自責の念に駆られて、自分の犯してしまった過ちを最悪な形で償うことも頭によぎっていました。

ですがこれからの人生を前向きにもう一度やり直したくてひたすら謝りつづけました。

a0002_008024

私が両親に宛てた謝罪文をこれから紹介します。私はけじめとして示すために念書も作成して添付しました。

謝罪文

今回の借金は、外国為替証拠金取引によるものです。

最初は外貨の金利の高い国の通貨に投資して、計算上月々の支払う利息を上回る金利を得られるように投資しました。ですが、為替相場の変動により、その資金が変動して証拠金が維持できなくなり負債が増えてしまうこととなりました。

次に別の投資システムであるシステムトレーディングという外国為替証拠金取引をしました。これは変動する相場が一定であれば日々利益を積み重ねるというシステムです。

最初は変動が利益を重ねていましたが、相場に大きな動きがあると保証金が持ちこたえられず、さらに損失を増やしてしまいました。素人が安易に金儲けを考えた結果でありまことに自業自得としか言いようがありません。

 

<私の行動の反省点>

・投資という不安定でリスクがある事に手を出したこと

・経済的に余裕がないのに借金をしてまで投資したこと

・家族に隠し事をして、それがばれることを恐れて金利の高い消費者金融に手を出したこと

・全て一人で考えていたため、人の意見を聞けなかったこと

それ以外にも反省すべき点はもう数え切れません。

 

今回の件はすべて私に責任があります。ですから私の友人や知人が悪くてこうなった訳ではありません。むしろ私の友人は心配して支えになってくれていました。むしろそういった友人関係を私自ら疎遠にしていきました。

自分に対する罪悪感や、絶望感で家族や友人と会うことを避けてきました。そして自分だけの孤立した考えを持ち事態を悪い方向へ向かわせてきました。どれだけ責められても仕方ないと思っています。

仕事や人生の選択を失敗し続けて、迷惑ばかり懸けている自分に価値はないという事はわかっています。本当に親不孝なことばかりして申し訳ございませんでした。どうかこの借金を返済するお金を立替えて頂けないでしょうか。

念書

 

私、        は今回カード会社より多額の借金をして、多大なご迷惑をお掛けしてしました。

妻や子供がありながら自分勝手な行動をしたことを深く謝罪申し上げます。

二度とカードの作成や借金はしません。

この誓いを破った場合は家族との関係を断ち、家族から除籍して一人で生きていきます。

すべての相続を放棄し、二度と会うことなく縁を切ること、そして家族に迷惑を掛けないことを誓います。

平成   年   月   日

             

以上

 

父はもう定年していたので長年働いた退職金を切り崩して私の借金返済に充てて頂きました。こういった親不孝をしている私は本当にろくでなしでした。でもろくでなしはろくでなしなりに悩み考え、そして今後どういった人生になろうと生きていかなければいけません。

私と同じようにお金のことで悩んでいる人はたくさんいると思います。それで副業を始めようという気持ちでこのサイトをみつけてくれたのかもしれません。

 

でも借金などお金がない状況からのスタートであれば自分に問いかけてみて下さい。

副業を始める前にできることがありませんか?

もっと今の状況を良くする方法は他にもありませんか?

プライドや意地を捨てれば解決できる問題はありませんか?

もしもどこかに別の解決策があるならまずはその問題を解決した方がいいと思います。たしかにお金の問題を打ち明けたり相談することで辛い思いはします。ですがもしも解決がみつかれば早い期間にその問題は収束します。

お金がないときは様々な悪い影響が自分に出ます。判断能力や思考回路が鈍ってしまうし、びっくりするほど運も人望もなくなってしまいます。本当に何をやってもうまくいかなくなりました。

私の副業がうまくいき始めたのは、この借金問題を解決してからでした。この大失敗を経て、私はカッコ悪くて最低なことでも正直に話すこと、素直に謝罪する大切さを学びました。もしもあなたにとって大事な人が1人でもいればその人はあなたの事も大事に思ってることでしょう。最終的にはきっとあなたの力になってくれるでしょう。

大事な人だから言えないではなく、大事なひとだからこそ言うべきなんです。

問題はひとつひとつクリアして、更に人生を良くするための副業をするようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です