今後のパチンコ業界における甘デジの重要性を考える

日々めまぐるしく変わるパチンコ業界の動向。

今後のパチンコのスペックのあり方も大きな転換点を迎えようとしています。

それは今年3月に発表されたパチンコMAXタイプの規制についてです。

garo

現状のMAXタイプと呼ばれるもの(約400分の1の初当たり確率の機種)は2015年10月31日を最後に新機種が導入されることはなくなります。

規制の内容は以下の通り

  1. 初当たり確率の下限値を320分の1以下とする
  2. 初当たりの最低保障出玉を600個以上とする

初当たり確率の重さと出玉無し終了がなくなる点では良いことですが、そのぶん爆発力のある機種を作ることは難しくなります。

2015年10月31日までに出た機種は検定が切れる3年間は設置可能ですが、その後は現行のMAXタイプはホールから消えることになります。

 

 

MAXタイプ規制前のホールの現状

このMAX規制を受けて、私の地域では甘デジに力を入れるホールが増えてきました。

一昔前の人気機種だった甘デジを入れてみたり、釘を思いきり甘めに調整しているところが目につきます。

 

ホールとしては規制後のMAXタイプが打ち手に受け入れられるかどうか分からない。

そこで、「今のうちに甘デジにリピーターをつけよう。」という狙いがあるのだと思います。

 

あなたがよく行くホールでも甘デジの調整を確認してみましょう!

良く回る甘デジなら安定して稼げること間違い無し。

特に軍資金の少ない方は余裕が出るまで甘デジで稼ぐのがベストです。

しかし、最近の甘デジは辛デジな機種も多い

ボーダーライン以上の台を打つというのはもちろん大前提ですが、機種のスペックも考えなければなりません。

特に最近の甘デジはボーダーラインの高い機種=辛い機種が多いです。

 

千円で20回まわったとしても、その機種のボーダーラインが20回なら打つ意味ありませんからね。

電サポ中に玉が減る機種だとなおさらキツくなります。

 

考えるべきポイントは、

  1. 回る台であること。
  2. ボーダーラインの甘い機種であること。
  3. 電サポ中の玉減りが少ない。もしくは増やせる台であること。

この3つのポイントをしっかりと押さえて台選びをしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です