ビジネスも副業も所詮は「いたちごっこ」

「儲かることがしたい」という考えはみんな一緒だよ

儲かる仕事があると、ブロガーやアフィリエイターがそれについて詳しく書きます。また、テレビや新聞などで熱いビジネスについては紹介されて、瞬く間に皆にそのビジネスが拡散されます。そうすればみんながそのビジネスに参入しようと必死になります。

そうすると最初は稼げる仕事だったとしても、競合が増えてしまい稼げる確率も格段に下がってしまいます。いつの時代もこの繰り返しで、仮に成功したとしても時代の流れとともに業績不振に陥って倒産してしまった会社も数え切れません。

最近で言えばLINEのスタンプなんかがそうです。クリエイターが飽和状態ですから、1件あたりの購入数やスタンプの単価も下がってきています。

現状のアフィリエイトのハードルもこの競合が増えてしまったことで集客が以前よりも難しくなっているのが現状です。そんなIT飽和状態になりかねない現代社会で、自身の副業を確立していくためには絶対に差別化が必要です。

稼げない状況を打破するために必要な先見の明

結局のところ稼げると思ったらみんなやることは同じですから、そのビジネスは稼げなくなってしまうことが多いのです。だからどうすればよいのかというと、これから先稼げることを考えて先を読んで行動するしかありません。今後どんなことが流行るか、世間はどこに関心を向けるかを常に考えて、自分のオリジナリティを常に考えて行動しなければ、副業で稼ぐことはできません。

もちろんこれは、副業に関わらず全ての仕事に言えることだと思います。先を読む能力と想像力こそがビジネスの根源であり、真の力であると言えるでしょう。今後どういった社会になるのか、それを考えて行動したものにチャンスは訪れます。

ただし勘違いしてはいけないのは忍耐も必要だということです。稼げないと思ってあきらめてやめてしまうだけでは、絶対に成功者になることはできないのです。特にアフィリエイトは努力と忍耐が最も必要なビジネスです。成功させたければ中途半端なサイト作成をしてはいけません。
稼げないからといって、いつまでもアマチュアに甘んじていてはいけません。稼げているかどうかは別としてプロとしての意識は常に持っておかなければ、いつまでたってもそこから上に行くことはできないでしょう。