100万円でできる不労所得の作り方

貯めた100万円を使うも増やすもあなた次第

あなたの手元に100万円があったら、何をしますか?
もちろん100万円くらい貯めているよって人は、それを何に使おうと思っていますか?
洋服を買ったり車を買ったり、色々な使い方ができます。
しかし、100万円で不労所得を作ることだってできるのです。
どうすれば不労所得を得られるか知りたい人のために、
100万円あれば十分できる不労所得の作り方をご紹介します。

アフィリエイトで不労所得を得る

100万円あれば、アフィリエイトサイトを作ることができます。
アフィリエイトとはサイトを作って、見た人がそれを経由して商品を購入したら報酬が発生する仕組みです。
サイト作成に詳しい人は、もちろん自分でもサイトを作ることはできます。
ただし、作成に時間がかかるため、資産があれば外注でサイト作成しましょう。
お金があれば、サイトを早く作ることができるのです。
まずは、サイトを作成してくれる外注先を探さなければなりません。
外注依頼をする方法として、作成業者委託以外にクラウドソーシングを利用する方法があります。クラウドソーシングとは、不特定多数の人へコンテンツの作成を依頼できるサービスです。
依頼する金額なども相談して決めることができるため、専門業者に委託するよりも安くサイトを作成できるというメリットがあります。
ただし作成サイトの完成度は、あくまで個人の実力です。
最初に誰にサイト作成を依頼するか、よく選定する必要があります。
ちなみに一からサイトを作らなくても、すでに作成されたサイトを購入することもできます。サイト売買サービスで、すでに出来上がったサイトを購入できます。
アクセスや稼働状況をみて、欲しいサイトを購入すればいきなりアクセスが集まるため、収益に結びつきやすいのです。

 

ポイントサイトで不労所得

実は知らない人も多いのですが、ポイントサイトで不労所得を得ることができます。
ポイントサイトは、自分がサービスに登録したり、商品購入することでポイントを得ることができるサービスです。
ですから、どうやって不労所得を得れば良いのか?と思う方もいるでしょう。
不労所得を得るためには、友達紹介制度を利用します。
ポイントサイトでは、紹介した友達が得たポイントを自分が得られる仕組みがあります。
ほとんどのポイントサイトで、この仕組みを取り入れています。
たくさんの人に、ポイントサイトで友達紹介をしておくことで利用した時に勝手にお金が貯まるのです。
そして、お金をどう使って友達紹介をするかというと、PPC広告で登録者を増やす方法があります。
PPC広告は、グーグルやヤフーなどで検索1ページ目の最初と最後に広告を出すことができます。
もちろん、その広告料に費用がかかってしまいますが、登録者を増やせば日々勝手にポイントが貯まって行くのです。
やり方としては、まず1ページだけポイントサイトを紹介するサイトを作成します。
これは外注に委託して美しいサイトを作成してもらいましょう。サイトの仕上がりは、登録率に影響するため、できるだけ質の高いサイトを完成させましょう。
サイトが完成したら、広告を使ってみんなに登録してもらうことも可能です。
今やサイト作成の外注も広告もお金を使えば手軽にできるのです。

Youtubeで収入を得る

Youtubeでは、面白い動画を配信して広告収入を得ることができます。
いくら収入が入るからと言って、自分が自らyoutubeに出演するのは抵抗がある人も多いでしょう。しかし、動画の再生回数が高いのは、必ずしもyoutuberとして活躍している人ばかりではありません。
面白コンテンツや音楽、ゲーム実況やアニメのパロディなど様々な動画を配信して収入を得ている人がいるのです。
動画編集技術がなくとも、手元に資産があれば動画作成を依頼することができます。
そして完成した動画をyoutubeで配信することで、不労所得を得ることができるのです。
ただし、1つ注意点があります。
それは著作権の問題です。ご存知かと思いますが、youtubeでは無許可でアニメや音楽を配信している人がたくさんいます。
でも、これらは著作権を侵害しているコンテンツも多いこと忘れてはなりません。
再生回数が多い動画を真似して、アニメキャラや音楽をミックスした動画を配信したけど、著作権の関係で動画が削除されることもあります。
アニメやドラマの映像を使うことはできる限り避けて、オリジナルコンテンツを作成しましょう。