googleのアルゴリズムの変化がもたらすものとは?コンテンツのバイラル拡散の重要性

作成したコンテンツががそれを見た人によってさらに拡散されていく、こういった現象をバイラル拡散と言います。

わかりやすいのはツイッターでのリツイートやfacebookのシェアなどです。

もちろんSNSに限らず、youtubeでもブログでもサイトでも商品でも、良いものや面白いものは人伝いに広まっていきます。

これは社内や学校でも人伝いに噂が広まっていくのと全く同じ現象です。

これまでもバイラルの要素がアフィリエイターにとって大事だったのですが、これまで以上にこの現象を起こせる人と起こせない人の違いがさらに大きな違いとなるのはもはや間違いないでしょう。

今後はバイラルを起こすためのコンテンツ作りがアフィリエイターにとってこれまでよりも重要になっていきます。

どういう事かと言うと、これまで自分のコンテンツにアクセスを集めるためには被リンクを多く貼ったり、強いドメインを使用したり、ブックマークを増やしたりなど様々な「裏技」的要素が強くて中身の薄っぺらいコンテンツであっても検索上位にすることができました。

また検索上位にするためにキーワードを必要以上に文章に使用したりすることも多くて、なんでこんなサイトが検索上位になっているのだろうと疑問に思うこともあります。

特に専業アフィリエイターは中身のないサイトであっても検索上位にするという「裏技」をやっている人も多かったのです。

しかしgoogleが良質サイトを検索上位に上げるために、これまでのアルゴリズムを変化させるという情報が出ています。

 

googleのアルゴリズムの変化が何をもたらすのか?

私はgoogleのアルゴリズムの変化により、これまでのSEO対策で効果があるのか疑問に思っています。

これまで「アフィリエイトのやり方」の本やサイトを見ていると、SEO効果のあるキーワードを入れて検索上位に持っていくやり方を説明しているものが多かったです。

しかし最近ではgoogleのアルゴリズムの変により、SEOの常識が変わってきていることは顕著です。

これまでのつまらない記事が被リンクなどの「裏技」で検索上位に上がるなど技術的な要素が強かったのですが、最近は同じ順位でも検索順位に変動があり、あきらかにコンテンツ重視の検索順位になっています。

さて、これまでアフィリエイトの常識をあえて「裏技」と呼ばせて頂きましたが、アフィリエイトに詳しい方々ほどこれまでのSEO対策を裏技じゃなくて常識だと考えていることでしょう。

ですが考えてみて下さい、つまらないサイトを多数の被リンクでSEO対策をしているということは「サクラ」と同じ仕組みですよね。

それにシステムの盲点をついたキーワードの乱用をすることは、コンテンツの質とは関係がないので明らかに「裏技」です。

ブックマークだって自演ブックマークをする人が多くなってきたので、効果が少しずつ薄れてきました。

これはインターネットだけの話ではなく、時代の流れで常に「裏技」的要素は排除されてきました。

googleの経営理念からもわかるように、検索のアルゴリズムの変化もよりクリーンなシステムを追い求めていくと思われます。そしてそのシステムの盲点を突かれないように、アルゴリズムについて詳しい情報を発信することはないでしょう。

今後のコンテンツ作成とSEO対策

そもそも「アフィリエイトの稼ぎ方」などの著書で紹介されているSEO対策は、googleなどの検索サイト側から発信されている情報ではなく、アクセスを集めた人が研究してきた情報です。

こういうことをしてアクセスが集まったという経験論から方法を書いているので、これを真似してみんなが中身のないコンテンツを集客のためだけに作ってしまったらどうなるでしょうか?

とんでもないサイトだらけで見る人の役に立ちませんよね。

冒頭でバイラルについて話しましたが、今後はこれまでのSEOの常識にとらわれずより見た人が紹介したくなるほど優れたサイトを作っていくという思考に切り替えるべきだと考えています。

バイラルの効果を体感した方はわかると思いますが、コンテンツがすごい勢いで拡散していきます。

バイラルを起こすという事はそれだけ多くの人の気持ちを動かして感動させるということです。

キーワードや被リンクなどの裏技的なSEO対策をしているコンテンツよりも、サイトに訪れた人によりバイラルが起こるコンテンツのどちらが優良である可能性が高いのかは誰に聞いても答えはわかりますよね。

今後はこういったバイラルを起こすことができるコンテンツのSEO効果がより高まっていくでしょう。