FXの失敗(みんなの体験談・30代、男性、自営業)

FXについての失敗談です。

いわゆるポジポジ病は、すべてを台無しにします。

僕はポジションをもっていないと気が済まない、だからポジションを持ってすぐに利確を繰り返していました。

そうすると、やがてコツコツドカンが待っています。いままで積み重ねてきた利益を、一発で失います。

そして、それだけで済めばいいのですが、だいたいここでは終わりません。
その負けを取り返そうと、また余計なポジションを持ってしまうのです。当然、そのポジションも、なにかに根拠づけられたものではありませんから、負けます。
そしてまたその負けを取り戻すためにポジションを持ち、負けての繰り返しです。

FXに、ポジションを持たなければいけない、というルールはありません。

ほんとうに、ポジポジ病は治したほうがいいでしょう。
つねにポジションを持とうとする方は、いますぐその癖を直してください。
自分は昼間仕事をしていて、夜しかチャートを見る時間がないという方は、余計にポジションを持ちたくなるかもしれません。

自分には取引する時間がないのだから、すぐにでも参戦しなくてはならないと思いがちです。
しかし、それをやってしまうと、僕のように負けます。

ポジションは持たないのが普通、くらいの気持ちでいたほうがいいと思います。

(30代、男性、自営業)