パチンコ・パチスロを副業にする②勝てる台を選ぶ

pachinko

前回は基本的な立ち回り方について書きました。今回はこの中で勝てる台の選び方を具体的に書いて行きます。

勝てる台と聞くとついつい大勝ちした経験から、牙狼のようなマックスタイプを想像しがちです。

実際のところはどうでしょう。

パチンコの勝てる台の選び方

①釘

パチンコの場合は釘が回る台を稼働することが基本です。基本的にはホールが釘を開けやすい台を稼働する事になります。それではどんな台が開きやすいかというと、ボーダーラインが比較的高い台が狙い目です。

ボーダーラインが低い台は基本的に釘が辛いです。これはホール側も釘を開けすぎるとその分還元率が高くなるので、ここぞという時にしか釘を甘くしません。

私の経験上ボーダーラインが高い台の方が、お宝台に出会える確率が高いです。釘をいじってない時点で回るので、釘の調整が難しいので予想以上に回る台に仕上げてしまったりするのだと思います。

また良台を探すヒントとしては、ホールが力を入れている機種に注目しましょう。力を入れている台というのは設置台数が多い機種ですので、そこから順次探っていくようにしましょう。

また立ち回り方として、最初は回る台を試し打ちをしながら探すことになり、良台に巡り合えてから回し続ける必要がありますので、軍資金と時間は余裕を持つようにしましょう。

②スペック

打つ台のスペックは安定している方がいいです。マックスタイプのような大勝ちと大負けの差が激しい機種では、回せど回せど運に左右される部分が大きくて安定した収支を得ることが難しくなります。それにその勝ち負け波により正攻法へ疑念が生まれて、何回転目が熱いとか、まったくのオカルト打法へと変わってしまう可能性もあります。

ですが長いスパンで収支を安定させるのであれば正攻法しか道はありませんので、スペックは確率の分母が低い程安定します。ですから理想は甘デジなのですが、釘が辛い台が多いのでホールの特徴を踏まえて臨機応変に立ち回る必要があります。

 

これらを踏まえると甘海の回る台を稼働し続けるのが理想的です

甘デジは当たったらすぐに飽きて移動する人も多いので、良台に出会えたらフル稼働しましょう。甘デジは当たりがしょぼいと思われがちですが、調子が良い時は30000発オーバーの出玉を獲得できることもあります。

甘デジに良台が見当たらなければ、ミドルやライトミドルを狙うようにしましょう。

収支の安定が大事ということは日々稼働しているパチンカーならよく理解して頂けると思います。

安定した収支を得られるような立ち回りを心掛けるようにしましょう。