SEO対策で文章考えたらブログ更新が辛くなった

ブログの更新辛くなってない?

当たり前のことですが、ブログをやっている人は日々の日常などを書いていることが楽しいからブログを更新しています。もちろん収入を得るためにブログを書いている訳ではなく、好きでブログ更新をしているのです。これがブログでアフィリエイトをやっている人の場合はそうじゃありません。

SEO対策でアクセスが集まるように文章を考えなければいけないので、更新が楽しみではなく、更新するのに頭を使うので疲れてしまうことが多いようです。そして更新するのが億劫になってしまうと、ブログへの投稿頻度が減って結局はアクセス数も落ち込んでしまいます。私もブログを書くのが楽しかったのに、だんだん辛くなった経験があります。私だけではなく、アフィリエイトを始めた人によくあることだと思います。未だにアフィリエイトをやっていて辛いと感じる瞬間があるのではないでしょうか?

文字数だったり、キーワードだったり、SEO対策を考えると1記事つくるためにもかなりの労力を費やすことになります。確かにこういったSEO対策を意識した更新は大事なことです。ですが、結局それが辛いと思ってしまうくらいなら、SEO対策抜きでブログに自分の言葉をただ書き綴ることも大事だと思います

時にはブログを書くときに言葉を意識しないで書きたいこともありますよね?思ったことをただ書き綴るだけなら、意外とスラスラと言葉が出てくるものです。

SEO対策重視のブログが抱える問題とは?

文章を作るうえでSEO対策を前提に作った文章と、SEO対策抜きで作った文章には大きな違いがあります。

まずSEO対策で作った文章は、検索上位が期待できるように思えるのですが、文章自体は読み手が第一ではなく検索上位を狙った文章となります。

ですから、読む側にとってみれば、つまらない文章だったりすることもあります。

それに意図的に何度もキーワードを頻繁に使用しているので、読みづらい場合もあります。

逆にSEO対策を意識しないで作った文章は余計なことを考えずに読む人が読みやすいような言葉で自分が本当に伝えたい言葉を伝えることができるというメリットがあります。

実際に読む側にとってはSEO対策を考え過ぎずに作った文章の方が良いのです。

だから私はブログやサイトを更新するときの文章は、あまりSEO対策を考えずに文章を作るようにしています。

SEO対策で文章を作っているアフィリエイターは星の数ほどいます。

だから自分がライバルと同じような文章を長い時間かけて考えて、アクセスアップにつながるかというとそういう時代ではないと思います。

それくらいなら、もっと読み手のことを考えて新しい視点で文章を作った方が、読み手もリピーターとなってくれるだろうし、結果としてアクセスアップにつながる場合もあるでしょう。

なんにせよアフィリで成果を出したいなら更新するのが苦になっては意味がありません。

楽しみながらブログやサイトを作っていくというという上で、SEO対策という更新がつまらなくなる要因を気にし過ぎず、オリジナリティある自分の文章で読み手に伝えていくことを忘れないようにしましょう。