アフィリエイトで色々試行錯誤しつつ遠回りして身に付いたこと

アフィリエイトで成果を上げるために、アクセスを上げるためにどうしたか、そしてどういった結果を生んだかというこれまでの経緯を書いてみます。

私がアフィリエイトを始めたばかりの頃はとにかく質よりも量だと考えていました。

ですからSNSでは一人でも多くのフォロワーをつけて、情報を流しさえすれば成果上がるものだと考えていました。

記事もさほど考えることなく簡単に短い文章で記事を作っていきました。リライトして自分で内容を考えずに作成したサイトもあります。

開始当初はその考え方で成果が少しずつ上がっていきました。

そこで私は思ったのです。とにかく数を上げることが何よりも大事であると。

これから5倍10倍と作業を繰り返していけば、成果が出ると考えていたのです。

例えばtwitterで1000人のフォロワー、記事が20記事を持っていて月額1000円稼げたとすれば、フォロワー数を10倍にすれば収益が1万円になる、さらに記事数を100に増やせば10万円になると信じて数の理論で突き進んでいったのです。

おそらく同じような考え方を持っている人は少なくないでしょう。

ですが現実はどうでしょうか?

フォロワー数が増えても結局面白いコンテンツでなければ飽きられて、サイトにアクセスが集まらないという現実がありました。

記事も寄せ集めた適当に書いた記事は、SEOでも拾ってくれないのでいつも検索下位です。

さらにせっかく初期の段階でアクセスをSNSから集めたとしても、見た人がサイトのファンになってくれるわけもなく、アクセスは常に新規フォロワーに限られたものになるという現実が待っていました。

ですから常に新たに増えたフォロワーだけしかサイトを見てくれないし、せっかくサイトを訪問してもらえたとしても、継続的に見てくれるファンがいなければアフィリエイト収益も上がりません。
そこで私が考えていた倍々理論がずれていたことに気が付きました。
せっかく自分が築き上げようとしたアカウントやサイトも、中身がなければなんの意味も持たないと深く反省させられました。

私はその経験を踏まえて、新た取り組みをすることにしました。
考え方は少しずつシフトして、現在は何よりもコンテンツ重視だという結論に至っています。
優良なコンテンツにしか人は集まらない。
そして優良なコンテンツを作成することができれば、私のこれまでの倍々理論が圧倒的に効果的に発動するという事実を学びました。
これまで考えてきた数に頼る棒グラフのようにただ数を積めば効果が生まれるのではなく、サイトやSNSなどのツールが円形につながり相乗効果を生むといったイメージです。

この失敗のおかげで絶対に有益な情報ではないものを発信している人たちを見抜くことができるようになりました。
稼げない人たちは売れない手法を繰り返しているだけで成長が止まっているのが目に見えてます。

そんな中でも私が一番腹が立つのが自分が稼げてないのに稼げますと無責任なことを言ってるだけの情報商材を扱っている人たちです。

もしこういったことをしている方がいたら、もっと学んでからこの世界に出直してきてほしいと思います。

コンテンツの相乗効果の意味を勘違いしている人たちへ、失敗を経たからこそ言えることは、ひたすら送り付けるだけの迷惑行為から脱却しないと未来は絶対にないということです。
いつまでも稼げないのは相手のことを考えないからです。そして誰かの役に立つ情報を発信していないから必要とされないのです。
日々学んで進化して変わっていくこと、それが社会でもアフィリエイトの世界でも求められている普遍的なものです。これまでと同じことを繰り返すだけのルーティンワークでは変わりゆく世界に対応できず、これからも時代に取り残されてしまうことでしょう。
私も今後実践を通じて学んだことを発信するために、まだまだ勉強と試行を繰り返していかなければなりません。
日々勉強、生きている限りは学び続ける姿勢を持っていくことは非常に重要なことだと常に自分自身に言い聞かせて、日々精進していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です